病気の特徴

ヒールを履いた女性の脚(夏)

外反母趾とはなんでしょうか。まず足の親指が押されます。すると足の側面が頬骨のようになった部分が外側にでてきます。その結果足裏にあるべき横のアーチがなくなります。最終的には運動能力と関わる縦側のアーチもなくなります。すると足のバランスが崩れます。痛くてまとも歩けません。その結果変な姿勢で体の上部までゆがみます。これは主につま先部分が極端に狭いことが原因です。革靴は伸びたり縮んだりしません。足に合わない靴を無理して履くために外反母趾が起こります。外反母趾が叫ばれたのは最近になってからのことです。私は関係ないと思っていました。しかし父親が外反母趾になりました。痛くて歩けないそうです。足を見せてもらいました。見事に足の横が飛び出していました。見るからに痛そうです。

私の父親が外反母趾になりました。足に合わない革靴を履いていたのが原因です。今は定年退職して革ではなく運動靴を履いています。少しは痛みがとれてきたと言っています。仕事の関係でフォーマルなものを履かなければならない人は多いと思います。私は靴の修理店を営んでいました。小さい靴を大きく伸ばす機械があります。これを使えば革靴の横幅を伸ばす事ができます。靴が小さいと感じたらまず修理屋さんに持っていきましょう。その時はどの位までのばして欲しいと具体的に説明します。大半の修理屋さんはクレームや弁償を恐れています。そのため無理に引き延ばして靴が破けたりするのは避けたいです。外反母趾を回避するためには皮を相当伸ばさないといけません。修理屋さんに持っていく時は足がどんな状態かよく説明をしましょう。